個人事業主が屋号付口座を開設する方法。メリットとその注意点とは。

個人事業主がビジネス用の口座を持つことは経理上便利です。屋号を付けた銀行口座を開設することで仕訳以外にもさまざまなメリットがあります。そこで口座開設のメリットと注意点を探ります。屋号付き銀行口座を開設してスムーズなビジネス展開をしましょう。

税理士の無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には、税理士にご相談頂いたほうがよい可能性があります。
ご相談は無料ですので、お気軽に エクセライク会計事務所 までお問い合わせください。
✆ 0120-017-591 メールでのご相談

 

個人事業主として屋号で口座を開設する

屋号のみで口座を開設するのは難しい

個人事業主がビジネスを行う上で、事業用の銀行口座を開設することは、絶対条件ではありませんがたくさんのメリットがあります。お金の出し入れを専用口座で行えば、個人用と混同することなく区別でき、屋号付き口座であれば顧客や取引先からの信用度も変わるでしょう。

そのため、個人事業主として開業する多くの方が屋号を付けて事業を行います。会社の銀行口座のように屋号のみで銀行口座を開設したい場合ですが、現在は屋号のみの銀行口座開設は難しいようです。

屋号付き+個人名の口座

現在では個人事業主が屋号のみで銀行口座を開設するのはハードルが高く、都市銀行をはじめとするほとんどの銀行が屋号のみでの口座開設が難しいようです。詐欺などに悪用される可能性を避けるため、ほぼ「屋号付き+個人名」という開設になります。

また、屋号付き個人名での口座開設であっても、先ほども述べた悪用されることを懸念するため、特に都市銀行では近年、口座開設の審査も厳しく、口座開設までに時間がかかるようです。

銀行選びは慎重に

銀行の口座開設といっても都市銀行、地方銀行など、さまざまな銀行があります。ビジネスシーンや口座の使い方によって口座開設する銀行を選ぶといいでしょう。

便利なネット銀行

売り上げの入金、出金ができればいいということであれば、ネット銀行で口座開設する方法もあります。都銀や地銀よりも比較的簡単に口座開設が可能です。

自分一人で忙しく、銀行に出向いての記帳や、振り込みが時間的余裕がなく面倒という場合には、ネットバンクを一つ開設しておくと、パソコンで素早く振り込みや残高確認ができるので大変便利です。

地元の信用金庫

今は個人事業で開業しているけれど、将来的には事業を拡大して、銀行融資も受けたいということであれば、いきなりメガバンクではハードルが高いので、地元の信用金庫や地方銀行などで口座を開設してもいいでしょう。顧客の多くが中小企業であったり個人事業を営んでいるかたなので、メガバンクよりも相談しやすくなる可能性があります。

メガバンク

顧客や取引先の信用度を重視したいのであれば、メガバンクの口座開設をチャレンジするのもいいでしょう。ただし、各銀行によって方針が異なるため、屋号付きの口座開設が現実的に難しい場合も。希望の銀行に問合せてから訪問してみましょう。

事業展開やメインとなる利用方法によって、銀行選びは慎重に行いましょう。たとえ断らた銀行があったとしてもそれは銀行の方針として受け止め、他の銀行をあたりましょう。

屋号付きで口座を開設するメリット

事業を認知してもらえる

屋号付きで銀行口座を開設すると、顧客や取引先に自分の事業を認知してもらえることも屋号付き銀行口座を開設するメリットの一つです。

屋号次第にはなりますが、屋号を見ただけで事業内容が分かるようになっていれば、顧客からの認知度があがり、覚えてもらいやすくなります。例えば「○○フラワースクール」だとお花の教室と一目でわかります。屋号と事業内容に関連性があれば、消費者側に思い出してもらえ、認知度も上がることになります。

本名を伏せることができる

屋号付き+代表者個人名の銀行口座でも、屋号名だけでも振り込みは可能です。そのため請求書やWEB上に振込先を記載する際に本名を伏せることが可能ということが大きなメリットとなります。

特に、WEB上では顔の知らない多くの相手に本名を知られるのが不安で、本名の記載は避けたいというかたも多いと思いますが、この点は心配する必要はないようです。

ちなみに、個人事業では特に本名を伏せてビジネスネームでビジネスを行っている方が多くいらっしゃいますが、ビジネスネームでの銀行口座開設は本人確認ができないためできません。もちろん屋号付き+ビジネスネームの口座開設も出来ませんので念のため覚えておきましょう。

顧客が信頼しやすい

個人事業主の場合、個人名の口座でも顧客や取引先との取引は可能です。実際、個人名のみの銀行口座で取引している個人事業主は多くいらっしゃいます。

しかし、やはり屋号が入った事業専用の銀行座のほうが、個人名のみの銀行口座に比べて信用が高まる効果は大きく期待できます。例えば初めて取引する際、屋号の銀行口座名義をみるのと、個人名の銀行口座名義をみるのとでは、顧客からの印象はどうでしょうか。法人の信用度までは届かなくとも、名義ひとつの印象で信頼度アップの効果は高いでしょう。

印象が良いと、次にまた取引してもらえる確率も上がることが期待できるので、信頼獲得の面からもメリットが大きいといえます。

プライベートと分けられる

個人事業主の銀行口座は、個人で普段利用している銀行口座を使用しても問題はありません。しかし、プライベートでの消費とビジネスでの経費と区別させる必要がありますので、同じ口座を使用すると仕訳に時間がかかることが懸念されます。

また、屋号付き銀行口座を開設の大きなメリットとして、プライベートの支出とビジネスでのお金の出入りとはっきり分けられるということが挙げられます。

個人事業主にはすごく大切なことで、支出の管理は確定申告にも大きく影響します。屋号付き銀行口座で事業の支出の管理をすれば、確定申告時の混乱を招くことなく、結局は余計な手間を省くことができるでしょう。

個人事業を開業したら、早めに事業専用の銀行口座を開設し、スムーズな事業展開ができるようにしておきましょう。

屋号付きで口座を開設する際の注意点

開業届が必要となる

屋号付き銀行口座開設をする際、必要な書類は事前に調べて準備する必要があります。必要な書類は銀行の方針によっても若干違いが出てきますが、都市銀行では主に以下の書類が必要になります。

☑個人事業の開業・廃業届出書

☑本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード等)

☑印鑑

☑名刺

その他、できればあったほうがいい提出物として以下の書類が挙げられます。

☑ウェブサイトを印刷したものや広告

☑屋号宛ての郵便物

各銀行によって方針や対応が異なるので、提出できるようなものがあれば持参していくといいでしょう。何が必要かを聞いて準備を整えて口座開設に臨んでください。

また、ネットバンクなら、提出する書類は都銀や地銀ほど多くはありませんが、開廃業届は必要ですので必ず準備しておきましょう。

銀行は最寄の支店を選ぶ

個人事業が銀行口座の開設をする際は、事務所もしくは自宅兼事務所など、口座を開設したい銀行の最寄りの支店を選んで足を運びましょう。ほとんどの銀行が事務所の拠点から最も近い支店の開設しかできないようです。拠点から離れた支店に口座開設を申し込むと、不信に思われ利用目的の確認をされるので注意しましょう。

時間がかかることがある

個人事業主が屋号付き銀行口座を開設する際には、銀行側の審査基準を満たす必要があるため、開業届や本人確認書類などの書類を提出して申し込みをしてから審査が入ります。

昨今では、悪質な詐欺やマネーロンダリングなどの犯罪利用防止の観点から、銀行口座開設のハードルが高くなっていることもあり、審査に時間がかかることもあるようです。

銀行によって異なりますが口座開設までには数日から1週間ほどの時間がかかる場合がありますので「どうしてもこの日までに口座を開設したい」という予定日がある場合は早めに申し込みをしましょう。

個人事業主での口座開設は屋号を付けよう

個人事業主が「屋号付き」の銀行口座を開設することにはメリットがたくさんあります。まず、経理がしやすくなる点がひとつ。そしてなにより顧客が安心して振込みができるという点、取引先からの信用度もアップする点が大きなメリットではないでしょうか。

屋号付き銀行口座の開設には審査もあり、ハードルも近年高くなっています。口座開設希望の銀行が求める必要書類をしっかりと揃えてスムーズに開設できるようにするといいでしょう。屋号付きの銀行口座を開設して、自身のビジネスを発展させていきましょう。

公認会計士・税理士 伊藤 温志

開業8年で600社ものクライアントを有するエクセライク会計事務所の代表税理士。
顧問料は相場の半分以下と業界最安値だが、それは自社開発のExeLikeシリーズにより、
顧客は簿記や会計の知識を一切要せず、Excelだけで対応でき大いに支持を集めている。