【経費削減】会社にも自分にもメリットが。継続して利益を生み出そう

経費削減を行うことで従業員の給料アップに。会社のものだから自分には関係ないと思わず、給料アップのために従業員一人一人の取り組みが鍵となります。
節約を行うことでエコにもつながり、会社のイメージアップにもつながるので、よい効果が得られます。

税理士の無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には、税理士にご相談頂いたほうがよい可能性があります。
ご相談は無料ですので、お気軽に エクセライク会計事務所 までお問い合わせください。
✆ 0120-017-591 メールでのご相談

 

経費削減をするメリット

会社のイメージ向上になる

会社では、経費削減に努めて日々の仕事が行われています。経費削減をすることで、会社のイメージを向上させることができ、従業員一人一人の意識も高まり、無駄をなくそうとする心がけを行うことができます。
会社で行うことで、私生活でも消耗品や備品を、無駄なく大切に使用する意識も高まるので、とてもよい効果が表われます。

会社で経費削減を行うことで、会社全体の節約効果が表れます。一つ一つはとても小さなことですが、従業員全員が取り組むことで大きな成果となり、大きな金額を生み出すことができるのです。

本来、経費として負担しなければならないものをカットすることができるので、そのまま会社の売り上げとして計上することができ、その分は利益となるので、会社のイメージ向上につながるというわけです。

その分従業員の給料に当てられる

経費削減をきちんと行うことで、従業員の給料に当てることができます。従業員一人一人が経費削減をしようとする意識が高まり、本来かかるべき経費をカットすることができれば、その分が自分たちに還元されるというシステムです。

このようなシステムだと、自分たちも高い意識をもって、経費削減に取り組んでいきたいと思うことができます。会社側も、会社のことだけではなく、従業員のことも考えた取り組みなので、双方にとってよい条件で取り組み、仕事を行うことができるのです。

しかし、会社によっては従業員に還元していない会社もあるので、働く会社によって大きく異なることが現状です。
基本的には、経費削減ができると従業員の給料に当てられるので、意識を高めて取り組むことができます。自分にとっても利益になることなので、経費削減を意識して仕事に取り組むことができ、仕事への意欲も強くなるのです。

会社の資金が増えて他社から信頼される

会社の資金が増えて、他社から信頼されることも経費削減の効果です。経費削減は、一人でできることではなく、従業員一人一人が高い意識をもって取り組まなければ、結果に反映されません。
コツコツと取り組むことで大きな資金となり、他社からするときちんと利益を出せている会社として信頼され、金融機関からも信頼されるようになります。

会社にとっても従業員にとってもメリットがあり、尚且つ他社からも認めてもらえる会社として成長することができるので、意識を高めて実践することで、さらに成長できる会社として評価されます。
何気ない節約も、毎日積み重ねることで大きな結果として表れてきます。よい会社で働いているという、自分の自信にもつながることなので、積極的に経費削減に取り組んでいきましょう。

経費削減の方法

印刷用紙は両面使い倒す

経費削減をすることは難しいイメージがありますが、実はとても簡単なことなのです。印刷用紙は両面使い倒すことで、用紙の節約を行うことができます。
会社によっては、1日何100枚もの用紙を印刷するところもあります。大切な書類は通常の綺麗な用紙を使用するようにして、会社で普段使用する用紙は、表を使用したら裏も使用することで、簡単に経費削減につながるのです。

使用済みの印刷用紙を再利用する場合は、使用済みの方を分かるようにチェックすることで、仕事に影響なく使うことができるので、細かい作業もきちんと行うように取り組んでいきましょう。
使用する用紙も、再生紙を使用するなどコストの安いものを選ぶこともポイントになります。

消耗品は使い放題にしない

会社の消耗品は、自宅ではないので、つい多く使ってしまう傾向があります。会社の消耗品は、会社の利益から使われているものなので、消耗品をカットすることで、大幅に経費削減を実践することができます。
使い放題にしてしまうと、消耗品の経費が倍になってしまうなど、会社にとって損になります。

安い消耗品1つに対しても、一人一人が大切に使用することで、大幅に消耗品費をカットすることができるのです。特に毎日使うものは、節約することが難しくなります。
会社のティッシュを使わなければならない場面でも、自分のハンカチやタオルを使用するなどして、できるだけ消耗品を使わないように心がけることで、大きな結果として表れてくるのです。

経費削減しなければならないという考えも大切ですが、ものを大切に使用するエコな考えを意識すると、自然に経費削減につながる行動をすることができます。

お昼休みの電気はOFFにする

会社で使われる電気をこまめにOFFにすることで、会社の経費削減に効果が表われます。特に、休み時間は電気を使うことがないので、スイッチを切ることを心がけていきましょう。
数円に満たないことかもしれませんが、積み重ねが大切です。少しの時間でもスイッチオフにする習慣を身につけることで、電気代をカットすることができます。

これも、一人の取り組みでは効果が見込めませんが、従業員一人一人が行うことで、大幅に電気代をカットすることができるようになります。必要な電気だけ使用し、あとはスイッチを切る癖をつけましょう。
会社の経費削減としても効果があり、エコ活動としてもよい取り組みになります。従業員一人一人の意識を高め、全員で取り組んでいくことが大切です。

普段使用していないものが、コンセントに刺さったままになっていると、待機電力を使っているので、使っていないものはコンセントから外すことも、経費削減につながります。

電球をLEDに替える

すでに多くの会社で実践していることですが、電球をLEDに変えることも経費削減になります。電球を買い揃えるという最初の電球代が高くなってしまいますが、毎月の電気代を大幅にカットすることができ、すぐに元値を挽回することができます。

長時間使用しても、電気代はほんの数円で壊れにくく、熱を発しないのでメリットは多くあります。通常の電球は熱を発するので、長時間使用していると出火の原因になる場合もあります。
LEDは熱を発しないので、火事の心配は限りなく低く、安全面でも優れています。また、通常の電球に比べて、クリアで明るいこともメリットなので、まだLEDに替えていない会社は、少しずつ変えていくことをおすすめします。

経費削減のポイント

外部スタッフを活用して人件費を削除

経費削減のポイントとして、外部スタッフを活用して、人件費を削減するという会社も。外部スタッフでも人件費が発生しますが、アルバイトなど社員ではないため、安い人件費で抑えることができるのです。

本来の従業員が作業するとなると、時間で縛られてしまいますが、アルバイトは時間で縛られる必要もなく、時給で仕事をすることができるので、簡単な仕事を任せることができます。正社員の場合、いろいろな手当ても付くので、人件費が高くなってしまいます。

外部のスタッフを雇うことで、仕事の内容や能力に合わせて雇えるので、外部スタッフとして求人する会社は多いです。しかし、会社にとって向いていない人もいるので、きちんと面接を行うことが必要です。よい人材を安く雇うことができるため、外部スタッフはとても大切なのです。

研修費削減に公的セミナーを活用

研修費は、思った以上にお金がかかることです。しかし、公的セミナーを活用することで、研修費を削減することができます。会社で行う内容と、公的セミナーで行う内容は大きな差がないので、公的セミナーを活用することをおすすめします。

一般の方もいるので迷惑にならないように、マナーを守って参加することが大切です。研修の内容によっても異なりますが、特殊な内容であれば、公的で行われていないものが多いので、内容によっては会社で行うことも多いです。

研修は定期的に行うことで、人材の能力やスキルアップにつながりますが、頻繁に行わずに1年に1〜2回にするなどもよい方法です。
脳力アップは会社にとって利益につながることですが、頻繁に行っては研修費が高くなり、経費削減につなげることができません。公的セミナーや回数を減らすなどの対策を取って、経費削減につなげましょう。

通信はネットを通して電話代を節約

通信は、ネットを通して電話代を節約する方法も。多くの会社では、このような経費削減を行っています。携帯やスマホの無料プランを使用することで、通信費を大幅にカットすることができます。ネット環境が整っていることが条件になり、ネット上で連絡を取り合う場合もあります。

通常の会社の電話もあるのですが、通信をネットやスマホにすることで、台数を減らすことができます。会社で使用すると割引が適応になり、安く携帯を使用できるプランもあるので、社員に会社の携帯を渡す会社も多いです。

従業員同士の連絡も取りやすくなるので、便利で安く使用することができ、経費削減につながります。私用に使うのではなく会社用として使うものなので、会社側も管理体制をきちんと行うことも大切になります。

都市部での移動は歩きが基本

都市部での移動は車や電車ではなく、歩きを基本とすることで、経費を削減することができます。1区間数100円と安いのですが、毎日使用すると大きな金額になってしまいます。
仕事でも、歩きを心がけることで経費削減を行うことができ、運動不足を解消することにもつながるので、一石二鳥になります。

急いでいるときは交通機関を利用してもよいですが、従業員一人一人が歩きを心がけることで、大幅に経費削減を行うことができます。
都市部だからこそできることで、徒歩では難しい会社へは自転車を使用するなどして、自分ができる限りの節約を意識して、取り組んでいくことが大切です。交通費を削減できると、会社の利益も大幅にアップさせることができるので、よい取り組みになります。

経費削減で従業員の給料をアップしよう

経費削減をすることで、従業員の給料をアップさせることができます。しかし、一人の取り組みでは結果に反映されにくく、従業員一人一人が意識を高めて取り組むことで、大幅に経費を削減することができるのです。

削減できた経費は会社の利益となり、資金になるわけですから従業員へ還元されます。還元のされ方は会社によって異なり、毎月の給料として還元される場合や、ボーナスの一部として還元される場合もあります。
経費削減を一生懸命に取り組むことで、自分に返ってくるのですから、従業員の意識も高まり、前向きに取り組むことができます。

自分にとっても、会社のイメージアップにも、よい利益を生み出すことができるので、毎日コツコツと続けられるように工夫をしていきましょう。焦らずにコツコツと継続して取り組むことで、結果に反映されていきます。

公認会計士・税理士 伊藤 温志

開業8年で600社ものクライアントを有するエクセライク会計事務所の代表税理士。
顧問料は相場の半分以下と業界最安値だが、それは自社開発のExeLikeシリーズにより、
顧客は簿記や会計の知識を一切要せず、Excelだけで対応でき大いに支持を集めている。