経費削減のアイディアを生み出し会社の利益につなげよう

経費削減のアイディアを考えて経費をカットできると、会社の支出を軽減でき会社の資金が増えます。従業員の給料に還元する会社も多く、従業員の意欲を高め会社のイメージをよくすることができます。削減できそうなものを見つけて日々取り組むことが大切です。

税理士の無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には、税理士にご相談頂いたほうがよい可能性があります。
ご相談は無料ですので、お気軽に エクセライク会計事務所 までお問い合わせください。
✆ 0120-017-591 メールでのご相談

 

経費削減のモチベーション

組織全体で目標を持ち経費削減

経費削減を行うと、会社の損失を少しでも減らすことができるので、会社全体の利益につながります。会社の利益が上がることで、従業員の給料アップにもつながり、経費削減できた分を少しでも給料に還元することができるわけです。

一人で頑張る意欲は大切ですが、一人で頑張ったところで、大きな金額を生み出すことはできません。組織全体で目標を持つことで、経費削減に成功することができ、大きな金額を節約することができるのです。

従業員一人一人が意識を高めることで、経費削減という大きな目標を達成することができ、会社のイメージもアップさせることができます。また、社内環境も改善され、便利な備品を購入することができ、仕事を効率よく行う資金を作り出すことも可能になります。目標を持ち、組織全体で取り組むことがポイントになります。

削減アイディアを組織全体から吸い上げる

経費削減といっても、具体的にどのように削減すればよいかわからないので、実践したくてもできない方も。そこで、削減アイディアを組織全体から吸い上げ、節約はもちろんのこと、自分で用意できるものや持参できるものは自分で活用することで、会社の経費を削減することができます。

会社が負担しなければならない部分を、どうにか抑える方法を考えることで、大幅な経費削減を成功させることができるのです。そのためには、会社が何にお金を費やしているのかをチェックする必要があります。支出をできるだけ抑えることで経費を抑え、大きな利益を生み出すことができるのです。まずは支出を見直して、自分ができる削減方法や、組織でできる削減方法を見つけていきましょう。

様々な経費削減

まずは全ての経費を整理

経理削減を行うためには、全ての経理を整理することが重要になります。会社では、何に力を入れているのかをみて、支出額が大きいものからわずかなものまで把握することが大切です。支出はどうしても発生してしまうものですが、そこをいかにカットできるかがポイントになります。

日々の会計がきちんと管理されているか、項目ごとに分けて支出の管理がされているか、などもチェックしましょう。会社の経費削減を考えるのであれば、帳簿の管理ができていないと全体を見ることができません。売上げに対して経費がかかりすぎている場合は、会社が赤字になるので、売上げも把握しておくことも大切です。

売上げに対して、支出がどれだけかかっているかを確認することで、何を削ればよいのかが見えてきます。まずは、経費を整理するところから始めていきましょう。

消耗品はしっかりと管理

会社の消耗品は何かと使用してしまいます。用紙やファイル、コピー機のインクなども消耗品ですが、毎日使用するので節約は難しいです。飲み物を会社で負担しているところも多く、従業員が働きやすい環境も守ることも大切なことです。無理やり削減してしまうと不満の声が多くなるので、急に行わず声掛けをしてから行いましょう。

消耗品の管理はとても大切なことで、使い過ぎないようにする意識を高めることも大切なのですが、在庫のチェックも欠かさず行うことも忘れてはいけません。在庫チェックを行うことで、従業員が消耗品を持ち帰っていないか、無駄に多く使用していないかなどを管理することができ、必要以上に使用しないという意識を高くすることができ、盗難を防ぐことができます。

従業員を疑うことはよくありませんが、管理を徹底することで盗難を回避することができ、必要な数量だけ購入することができます。

比較検討の為の見積りに手を抜かない

経費削減を行うためには、たとえば消耗品として購入する商品があるとしたら、他の商品の価格と比較検討を行うことも多いです。そのため、商品の価格や見積りは正確に計上し、他との商品の価格を比較する作業に手を抜かないことがポイントになります。

少しの金額でも、積み重なることで大きな額になってしまうので、きちんと正確な金額を計上することが大切になり、帳簿としての機能が発揮されます。比較検討もしやすくなり、見積もりのチェックも行いやすくなるので、経費削減を行いやすくなります。毎日の積み重ねをすることで、大きな金額を削減することに成功できるわけですから、手を抜かずに取り組んでいくことが大切です。

慣例化している仕事の見直し

慣例化している仕事の見直しも必要です。当たり前になっている仕事では、経費削減ができる部分が割と多いです。毎日続けることで要領が分かっていき、仕事を効率よく行うすべを身につけていきます。その中で、無駄なコストを削減することができるようになるので、定期的に見直してみることも大切なのです。

見直していないと、無駄にコストをかけることになり、いつまで経っても経費削減を行うことができません。従業員一人一人の意識を高めることで、目標を達成することができるのですから、慣例化している状況を見直してみることが大切です。

今まで必要な消耗品として使われていたものが、より安くて便利な消耗品に変えることができる場合もあります。自分の仕事を見直すことで、コストの削減や無駄を省くことができ、仕事の効率アップにつながる安い消耗品を見つけるきっかけにもなります。

会計帳簿をもう一度チェック

経費削減には、会計帳簿の確認は必須です。しっかり目を通してチェックをすることで、省けるコストを見つけ出すことができます。今まで必要だと思っていた経費や見積もりを、複数の企業に依頼して比較してみることもよい方法です。また、価格の交渉を電話で行う人も多いので、1円でも安くなるように努力をすることが大切になります。

何度見ても会計帳簿は変わりませんが、改善できる部分があれば、これからの取り組みで、よい状態へ変えていくことができます。帳簿での経費を抑えることができれば、会社全体にもよい影響が出るので、帳簿のチェックや確認はとても重要な作業になります。

業務の効率化にも繋がる残業の見直し

経費削減は業務の効率化につながります。残業の多い会社は、残業の見直しも必要です。残業をすれば残業手当がつき、通常よりも多く給料をもらうことができるので、従業員にとっては都合がよくなります。しかし、会社にとっては人件費がかかるので、大きな支出になるのです。

仕事の内容によって変わりますが、資格が必要とされない内容の仕事がある場合は、アルバイトなどの外部のスタッフを雇うことで、人件費を削減することができ、残業代もカットすることができ、会社のイメージもよくなります。

本当に残業が必要な仕事内容なのか、時間以内に作業を終わらすためには、どのように工夫すればよいかなど、スタッフ同士で話し合う機会を設けることも大切です。コミュニケーションをとることで、仕事の効率が上がる場合も。仕事の効率が上がれば残業の必要もなくなるので、工夫してみる努力も忘れてはいけません。

地球温暖化対策が経費削減に繋がる

経費削減を行うことで、地球温暖化対策を行うことにもつながります。経費削減によって無駄を省くことで、消耗品の使い過ぎや電気の使い過ぎなどをなくすことができ、大きな取り組みもありますが、小さな取り組みも大切になります。

消耗品の使い過ぎや電気の節約はエコ活動になるので、地球温暖化対策につながるのです。また、ごみの分別も小さなエコ活動になり、組織で取り組むことで会社のイメージもよくなります。経費削減は大きな取り組みのように感じますが、小さなエコ活動の積み重ねも重要になります。自分の小さな取り組みが、地球を守る行動につながるのですから、自信をもって取り組んでいきましょう。

急に結果として表れることではなく、地球温暖化対策も、毎日の積み重ねによって表れてくることなのです。経費削減にもつながることなので、コツコツと意識を高めて取り組みましょう。

会社全体で経費削減のアイディアを生み出そう

会社全体で経費削減を行うためには、いろいろなアイディアを生み出すことが大切です。単に経費をカットするだけではなく、仕事を効率よく行えなければ、残業が増えるなどのマイナスな結果になる場合も。経費削減をするためには、会社の帳簿をチェックし、無駄で省けそうなものを除くことで、不必要な経費をカットすることができます。

帳簿を見直しただけでも、改善点を見つけることができるのですから、探せばもっと無駄なものをカットすることができ、会社の印象をよくすることができます。自分たちの給料にも反映されるので、前向きな気持ちで従業員全体で取り組むことが大切です。

公認会計士・税理士 伊藤 温志

開業8年で600社ものクライアントを有するエクセライク会計事務所の代表税理士。
顧問料は相場の半分以下と業界最安値だが、それは自社開発のExeLikeシリーズにより、
顧客は簿記や会計の知識を一切要せず、Excelだけで対応でき大いに支持を集めている。